--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年01月20日 (木) | Edit |
宣言どおり、左下親知らずを抜いてきましたー

抜歯は午後からで、午前中は普通に仕事に行ったんだけど
緊張して手に力は入らないし、心臓も痛くなるし

でも、お昼はしっかり食べて臨みました。

約1ヶ月ぶりの口腔外科。

改めて説明でもあるかと思いきや
名前を呼ばれるなり、即診察台へ

今回こそは担当医が診てくれるだろうと思ってたのに
登場したのは、前回と同じ若い女医さんで
担当医として名前が出てる先生は、今回も彼女のアドバイザー

「えー!練習台!?」って思ったけど
ここまできたら、もうどーにでもして!って半ば投げやりな気持ちにもなって
大人しくまな板の鯉を決め込みましたよっ。

で、早速麻酔を打たれた訳なんですが、
目を開けてられたのはここまで

それ以降は開けていられず
どんな器具を使って何をされたのかは、感覚的にしかわかりません(爆)

でも
・歯肉にほぼ埋まってる
・斜めに生えてる
・根が太い
+歯列矯正中
 の四重苦の親知らずの抜歯は
過去の親知らずの抜歯とは、全く別モノ

言うなれば、「抜く」というより「掘り起こした」って感じ?

切って、削って、たたき割って、引き抜いて
抜いた部分の骨を削って…

もー、音と顎にかかる衝撃がハンパなかった

それに、やっぱり矯正装置が邪魔みたいで
いちいち女医さんが担当医に相談するもんだから
その会話を聞いてるのも怖かった

最終的には女医さんが顎を押さえて、担当医が抜いたみたいだけどねっ。

途中で麻酔を足したけど、抜歯は15分ほどで終わったと思う。

1時間近くかかったなんて話も聞くから
そう思えばまだマシな方?

でも抜いた歯を見ると、でっかい歯が縦に真っ二つに割れてて
やっぱりハードだったんだと思い知らされましたわ

でも、衝撃はそれだけにとどまらない。

その後、女医さんの問診を受けたんだけど
「何か質問ありますか?無ければもう結構ですよ」って

え、それだけ?
私が聞かなきゃ何も教えてくれないの!?ってチョットびっくり

それでも術後のぼんやりした頭を何とか回転させて、とりあえず質問したけど
その答えも私的にはビックリで

・(過去の親知らずの抜歯では、翌日消毒に行ってたけど)
 ここでは特に必要なし

・抜糸はウチでもできるけど、紹介元でやってもらった方がいいでしょう。
(紹介状ありきの総合病院だからねぇ)

・薬は前回に今回分も含めて出してあるから、
 痛み止めが足りなければバファ○ン飲んでください…


彼女が自主的に言ったのは
「腫れますけど、びっくりしないで下さいね」くらいか

確かに痛み止めは前回たくさんもらったし、飲まなかったから残ってたけど
今回分も含めて処方したって言われた記憶がないし(1ヶ月前だからね)
化膿止めについて、何も言われなかったのが不思議で…

抜糸は、矯正歯科では出来ないと断られたので
(普段やらないから下手なんだと)
有休をとりにくいこともあって、会社近くの歯医者(初診)に頼んでみたけど
こんなんで大丈夫かなぁ??

今までで一番デカイ抜歯なのに、扱いが今までで一番軽くて
正直戸惑ってます

私、病院とのめぐり合わせ悪すぎるわ…



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。