--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月17日 (金) | Edit |
早速紹介状を持って、最寄の総合病院の口腔外科へ行ってきました。

対応してくれたのは、若い女医さん。

紹介状の宛名にある先生は、その女医さんをサポートをする形で
立ち会っていました。

レントゲンを見ての診断では
親知らずが萌え出てくることは考えられないといった感じで
炎症を起こしてるんでしょう と言われる。

抜歯については、紹介状に担当医の希望が切々と書いてあったようで
「どうしようか?」という話になり

ワタシ的には、スグにでも!の勢いだったので
「今日は無理ですか?」と聞いたら

炎症を起こしてると麻酔が効かないので無理です と言われてしまった

それに抜歯するのは大変だから、即日は無理だし
予約も埋まってるので、年内は無理 とのこと。

それを聞いて、あからさまにヤル気を喪失する私

その後、診察台に移動。

診てもらうと、やはり炎症してて
その範囲がリンパにまで広がってた

パッと見、歯茎の腫れは引いてたように見えたけど
下顎に手を触れると痛みが走るし
ツバを飲み込むと違和感がある状態で
それは歯の周辺だけだった炎症が広がった結果なんだそうな
(そりゃ無理だね)

そんな訳で、消毒と消炎の薬を出してもらった。

年内は無理と言われたけど、こんな爆弾抱えてられない!と思い
抜歯する方向で話をすすめる。

私の左下親知らずは
・歯肉に埋没
・傾いている
・根が太い
・神経に近い
 という四重苦

30分ほどで終わると言われたけど、結構大変みたい。

顔が腫れて、ひどい人だと内出血になる!とさんざん脅された。

そして「日程は受付で決めてください」と言われ
受付で処方される薬の説明と、抜歯の日程を決めたんだけど

一番早くて、1月下旬

今から1ヶ月以上先

予約が立て込んでる上に、紹介状の先生が週2勤務だからね

これだから総合病院は嫌いだっ

でも一応予約して帰ってきました

薬を飲んでますが、良くなってるような
そうでもないような。。。

予約はしたけど、抜歯時期・・・迷ってます


スポンサーサイト
2010年12月15日 (水) | Edit |
週末まで待とうと思ったけど、
仕事してても何してても左顎の鈍痛が気になって仕方ないので
思い切って電話しました。

電話に出た受付のお姉さんに状況説明すると
先生に変わってくれた。

はにゃ(以下「は」):
 左下の親知らずが痛くて、歯茎の腫れはおさまったのに
 こめかみや下顎付近が痛むんです


担当医(以下「担」):
 それは私の専門外です。一般歯科に相談してください。


は:自分の意思で抜いてもいいんですか?

担:理想としては、リテーナー装着後に抜いてもらいたいが
 どうしてもガマンできないなら、抜いてかまわない。
 でも(痛みを)散らせるものなら散らして、温存しておくのが望ましい。

 
は:一般歯科で問題ないですか?

担:抜歯するなら総合病院の口腔外科の方がいい。

簡単に書くと、こんな感じ。

抜いてもいいと言われた時点で、
私の中で「抜く」こと前提で話聞いてました(笑)

親知らずを抜くと、その分歯が動くと思えば
ブラケットをつけてる時の方がよさそうな気がするけど
やっぱりリテーナーになってからの方がいいらしい。

でも、親知らずはいつひどくなるか分からないから
早めに対処した方がいいとも言ってたので
早速紹介状をもらいに矯正歯科へ

すると、先生が出てきて
「抜歯時期について補足させてくれ」

理想の抜歯時期は、リテーナー装着後4ヶ月以降

でも、ブラケットを外す2週間前までなら可

ブラケットを外す時期はずらせるので、
抜くことが決まったら、すぐに日程を連絡してほしい



抜歯=ブラケット延長ってことだね。

でもそれは想定内。

それ以上にリテーナー装着後4ヶ月(実質5ヶ月)後まで
歯茎に爆弾抱えて生活するのは嫌かも

だって、もはやすごい存在感なんだもん。
左下親知らずくん

この辺の事情は紹介状にも書いてあるって言ってたし
とりあえず明日、口腔外科に行ってこようと思います


 
2010年12月14日 (火) | Edit |
型取りに行った翌日、
左下親知らずが埋まってる辺りの歯茎が腫れました

3日経ち、腫れは引いてきたけど
今度はこめかみ?その親知らず周辺の骨が痛い

左下1?3番と上の歯との噛み合わせも微妙に変わってきてるような。。。

以前、親知らずが隣の歯を押す力を利用するって言われた気がするんだけど
この痛みはまさにソレなんだろうか?

現在、正中(歯の真ん中のライン)は合ってるけど
歯並び同様 斜め/だったりするので

左下親知らずの力で下の歯が右に寄ってくれば
そして、上の歯もそれに引きずられて左が下がってくれば
正中のラインも真っ直ぐに近づき、左上がりな見た目も多少解消される?

な?んて思ってみたりして
(こんな期待はほぼ裏切られる)

ていうか、それ以前に
型を取って、リテーナーが製作されようとしている今
良くも悪くも動いていいものなのか??

来月もこの状態ならリテーナーになりますって前回言われたよね

親知らずが動いてるっぽいとは言ったけど
もっとアピールすべき?

後で「こんなになる前になんで言わなかった!」って言われたくないし

それに、こんな状態で年越したくないよぅ


・・・週末までに痛みがとれなかったら、電話するか

2010年12月11日 (土) | Edit |
さっそくリテーナーの型取りに行ってきました。

が、その前に
またも思いもよらぬ事態が

今度は先生のことじゃないですよ(笑)


なんと

今まで大人しくしていた左下親知らず

痛みだしたんですぅー(T_T)

この親知らずは、治療方針を決める際
将来歯並びを乱す可能性があると言われていたもの。

まだ頭がチラッと出てるだけだけど
隣の歯を押すような形に傾いてるんですよね。

でも治療するにあたって、この歯の力も利用したいから
最後に抜きましょう と言われてたんです。

で、その抜歯時期について
この期におよんでも何も言われず

前回の話し合いの時に確認したら
リテーナー装着後1年以降だと。

歯が安定してから抜くのね!って、その時は納得してたんだけど
その翌日から左奥歯に鈍痛がっ

最初は、歯が動く痛みかな?
もうすぐリテーナーなのに、まだ痛むのか??と思ってて

でも、その翌日には歯茎にも違和感を感じたので
この痛みは親知らずだな!と確信。

で、衛生士さんにその旨を伝え、先生に伝えてもらうと
(コレもいつものことだけど、変だよね)

来月レントゲン撮るから、続けては撮れないので
今日は薬を入れておきます。
とのこと。

ワイヤー外して、写真撮影→いろんな型を取りまくりの後
再びワイヤーをつけ、最後に薬を入れて(塗って?)もらいました。

歯茎からちょこんと顔を出してる部分が炎症してるってことなのかな?

そこはまた詳しく突っ込めなかったけど
次が1ヶ月後だと思えば、このタイミングで痛くなって良かったのかも。

まぁなかなか平穏に終われませんね



2010年12月08日 (水) | Edit |
ハァ? もっと大人な対応が出来る人になりたい・・・

どうも彼の患者に対するスタンスが受け入れ難くてね。

あのしかめっ面からしてイヤなんだけどさ(←えっ!?)
患者の不安を取り除くことより、説明した事実がほしいって感じなんだもん。

「気になるのはコレとコレでしたね?ではお答えします。」って
人の話に耳を傾ける気ナシかいっ

2週間あれば歯だって動くし、人の気持ちなんてもっと動くよっ

確かに「説明したい」って言われて行ったけど
一方的な説明を聞くだけじゃ、患者は納得しないよ?

切り出し方がこんな調子だったから、思わず
「まずはもう一度私の話を聞いてくださいっ!」って声を荒げてしまった

そして、セカンドオピニオンを受けたこと
そこで言われたことをざっくりと説明して
その上でもう一度、噛み合わせについて質問しました。

★下の左右6番(奥から2番目)の歯が内側に入ってる疑惑

そもそも歯の大きさはそれぞれ違っていて
一番大きな歯が、下の6番。

噛み合わせを作る上で基準になるのは、歯の外側のラインである。

具体的に説明すると

一般的に歯の形はですよね?
歯の上面は凹んでて、その窪みに対して2つの淵がある。

矯正では、その2つの淵のうち
内(舌)側ではなく外(頬)側のラインが揃うように噛みあわせを作る。

そうした場合、6番の歯は大きいので
外(頬)側に揃えれば内(舌)側に出っ張るのは普通。

当たりが気になるからと言って、6番だけ内(舌)側で揃えることは出来ないし
仮にそうやっても、今度は外(頬)側が出っ張る。

削るのもナンセンスである。


★左右で上下の犬歯の当たる感覚が違う。
左の方が前に出ている疑惑


違うようには見えない

噛みあわせた状態で、歯を左右にスライドさせた時
左右の犬歯だけがぶつかる状態が理想。
(これはニュアンスがちょっと違うかも?)

上の犬歯の先が、下の3番5番(4番抜歯済のため)の間にくるようにしたい。

左上がり(右下がり)の歯並びの私は、上の歯で一番長いのが右の犬歯。

それが気になるからと削ったら、噛み合わせに影響しないとも限らない。
(昔、尖った犬歯の先が頻繁に唇にささったので、削った経験有り)


***

先生の人間性は別にしてこの説明はすごくためになりました。

どこが合ってれば噛み合ってることになるのか

どこがどうなったから矯正治療が終わりなのかがわからなかったのでね。


歯並びが斜めの件に関しては、セカンドオピニオンと同じ。

左右対称な人間なんていない、個性の範疇だと。

そうなんだけど、やっぱり複雑

でも、今さら外科矯正できないし

すっかり忘れてたけど

鼻から湾曲ぎみの私が外科手術する場合、大掛かりになると
以前、口腔外科で言われてたんだよね

その時も、この程度の傾きは気にするほどじゃないって言われたっけ・・・

それなのに淡い期待を抱いてた私は、やっぱりずうずうしかったかな。

でもオンナ心ってそういうもんですよねー!


そんな訳で、

噛み合わせに関しては理解できたので
今週末にリテーナーの型取りをすることになりました。

次回は努めてにこやかに・・・




2010年12月04日 (土) | Edit |
セカンドオピニオン・・・
よりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求めた「意見」または「意見を求める行為」

医者との相性の大切さを身に染みて感じている私としては
セカンドオピニオンも信頼できそうな先生を探して訪ねるのがベストなんだろうけど

今つけてるワイヤーが弱いため、良くも悪くも動きやすく
あまり長くつけていてはいけないそうで(←衛生士さん談)
じっくり探してる時間がない

でも、勢いで予約をいれた先も、
結局そこで治療しようと思わなかったことを考えると微妙だったので

いざとなったら多数決で決められるように
もう1件、自宅近くの矯正歯科にも予約を入れ
まずはそちらに相談に行きました。

***

そこは、通りから少し入ったところにある
こじんまりとした矯正歯科。

中に入ると、クールな内装でスッキリした印象。
通っている矯正歯科の古く・雑然とした雰囲気とのギャップに
改めて肩を落とす私

午前の診療が終わった後ということで、少し待たされ
登場したのは、私よりは年上だけどこの世界では若手であろう女医さん。

まず、携帯に残しておいた矯正前の歯の写真を見せて
これまでの経緯と不安に思っていることを説明。

その後、私の顔の輪郭と噛み合わせを確認し
私の疑問に一つ一つ丁寧に答えてくれました。


★奥歯がしっかり噛めていない疑惑

やはり噛めているとの事。

上下の歯がしっかり当たらないのは、虫歯の治療跡(詰め物)の影響もある。
(銀歯とまでいかないけど、銀のかぶせ物がついてます)

ワイヤーを外した後、自分にとって自然な噛み合わせに変わっていくし
一生歯は動き続けるものなので、厳密には合わせられない。
合わせても、また変わっていく。


★見た目の歯並びが斜めになっている疑惑

見た感じ、上顎の歯槽骨(顎骨の歯を支える部分・歯茎の骨?)自体が
左より右の方が長い。

なので、現状では左上がりになるのはやむを得ない。

それを直すとすれば、外科手術の域になってしまう。


★左右で上下の犬歯の当たる感覚が違う。
左の方が前に出ている疑惑


歯の形状が左右同じではないため、
当たり方も左右同じという訳にはいかない。

右3番のブラケットの着け方を見ると、
工夫して前に出そうとしているのが見て取れるので
その点は考慮されているのではないか。


★下の左右6番(奥から2番目)の歯が内側に入っている疑惑
(この歯が斜めになってる分、咬み合わせが不安定なのではないかと推測)

内に入っていると言われたら、入っていると思う。

でも下顎も左より右の方が長いため、歯並びが左によってる状況を考えると
右の歯を内側に入れて整える方法は十分考えられる。

ただどうしても気になるようなら、次回に伝えておいた方がいいと思う。


と、こんな感じでした。

結局のところ、現状でしっかり噛めてるし
元の歯ならびを思えば十分揃ってます
 とのこと。

担当医と同じ結論なのに、しっかり説明を受けると
やっぱり受け取り方が全然違ってくる。

穏やかな女医さんが、私の感覚的な話にじっくり付き合って
丁寧に対応してくれたおかげで、だいぶ気分が晴れました。

なんで病院探しの時にココに相談に行かなかったんだろう

それに、セカンドオピニオンを受ける前
矯正前の歯並びを見直したり、ブログの記事を読み直したりして
見た目より噛み合わせを重視した自分を振り返ったことで
淡い期待が打ち消されても、前回より受け入れられた部分もあると思う。

この1件で納得いく説明が受けられたので、
もう1件はキャンセルしました

担当医の方からも、時間をとって説明したいとの申し出があったので
そこで上手く折り合いがつけられたら・・と思います。


・・・落ち着いた気持ちを再びかき乱されないことを祈る




2010年12月02日 (木) | Edit |
記録をサボってる間に、いろいろありました。

とりあえず、前記事のアクシデントの件。

休診日の翌日、先輩のはからいで仕事を抜け出し
右下2箇所のブラケットを付け直してもらいました。

その際のワイヤー交換はなく
調整日も変更することなく行って来た訳なんですが・・・

「次回リテーナー作ります」って
本来なら待ってました!な言葉のはずなのに
こんなに不安にさいなまれるとは思いもしなかった。。。

いつもは先生におまかせコースの私だけど
この時ばかりは突っ込みました。

はにゃ:奥歯がまだしっかり噛めてない気がするんですけど
本当にこれでリテーナーに入るんですか?

左右でかみ合わせの深さ(強さ)が違う気がするんですけど?
って。

そしたら、青いあぶらとり紙みたいな薄い紙を噛まされ
ひっぱられること数回。

先生:これってどういう事かわかりますか?
   ぬけないってことは噛めてるってことですよ。


はにゃ:でも、左右で圧が違う気がするし
面じゃなく、点で噛んでる気がするんですけど??


奥歯の外側は噛めてるけど、内側に向かうにつれ
隙間が大きくなってる気がしてて
そのせいで噛み合わせも不安定に感じてたから、聞いてみたところ

先生:噛めてますけどねぇ。

う?ん????

そしてもう一点。

はにゃ:人に指摘されたんですけど(←嘘だけど)
歯並びが左上がり(斜め)なのは、治らないんですか?
左右で歯の出方がちがうんですけど


先生:これは治りません


ハイ、撃沈

噛めてさえいれば、後はどうでもいいってことね


最初の矯正相談の時、私はこの人に何て伝えたんだろう?

治療してるうちに私が高望みするようになったのか??

一瞬のうちにいろんなことが頭をめぐったけど
とりあえず「あ?そうですか」みたいな感じで終わったと思う。
(あまり記憶がない)

でも腑に落ちない感じが顔にしっかり出てたようで
会計の時、助手さんが「やっぱり気になりますか?」と声をかけにきてくれた。

そして

気持ちよく終わってほしいので、もし心配なら
他の矯正医に相談してみるのも手ですよ と言われた。

まさかセカンドオピニオンを薦められるとは

でもそれも一理ある!と思って
歯科医を出るや否や、病院選びで最後まで迷っていた矯正医に電話し
予約を入れた。



**つづく**


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。