--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月16日 (土) | Edit |
今回の調整では劇的な変化があり

なんと、

ずっと苦しめられていた

パラタルバーのダブル付けから
開放されました

(パラタルバーについてはコチラ参照)


上あごに沿うように着けられたパラタルバーには
散々苦しめられましたよ。

舌の動きが抑制されるので、ハッキリと話せず
電話で何度自分の名前を聞き返されたことか。

しかも、言い直しても上手く発音できないし。。。

それに、上あごとバーの間に微妙なスペースが空いてて
そこに食べ物が引っかかってしょうがない。

もやし・ネギ・ニラ・ほうれん草は、毎回洗濯物のごとく引っかかりました

一度、お肉をレタスに巻いて食べてて
バーが邪魔してなかなか咀嚼できず、窒息しかけたことも

パラタルバーとは1年と1ヶ月お付き合いしたけど
全く名残惜しくもなく
スッキリお別れできて嬉しい限りですわ


ただ、パラタルバーもなくなって
抜歯跡もすっかり埋まってしまった今でも
私の歯は斜めってるし、噛みあわせもまだまだ

ストリッピングも免れない気がしてきた。。。


今回もゴムかけはお休みのままで

その代わり太っといワイヤーに、上下とも交換されました。

あまりの太さにブラケットにワイヤーがすんなり通らず

先生が力まかせにブラケットに通そうとするもんだから
勢いあまって頬に器具が刺さるんじゃないかと、気が気じゃなかった


矯正生活、なかなか安心できませぬ


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。