--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月31日 (木) | Edit |
平日は派遣OLなんぞしている関係で、歯医者はなるべく週末に予定したいところ。

でも平日忙しいのは学生さんも同じで

予約が立て込む上に、学生は保護者同伴だったりするから待合室も混み合うのよね。

混んでる時に行って、慌しく終わるのも嫌なんだけど

完全に装置が入るまでは頻繁に通わなきゃいけないみたいだから、そうそう仕事も休めず

とりあえず早めに次回以降の予約を電話で入れちゃいました。


対応してくれたお姉さんによると、

 ・ 装置が着くまで7回通院予定(10日に1回くらいの頻度で)
 
 ・ しばらくは セパレート→バンド装着
 
 ・ 5回目にまず下からブラケットを装着する予定        とのこと。



抜歯のために一般歯科に通うことも考えると、来月は週1ペースで歯医者に行くことに!

なんて果てしないんだ、ブラケットへの道のり がっくり


しかも私の通ってる矯正歯科は、基本料金とは別に毎回調整料がかかってくる。

通院が月1ペースになればたいして苦ではないけど、

週1ペースだとかなり負担大かも?出費
スポンサーサイト
2008年01月25日 (金) | Edit |
怖いもの知らずな矯正歯科→一般歯科のハシゴ。
お昼ごはんをしっかり食べた後、まずは矯正歯科へ。

上の第一大臼歯(6番)の両脇に挟まれていたセパレートゴムがはずされ、
その周辺をお掃除。
なんだかスゴイ開放感?Brilliant.

衛生士さんに
『隙間空いてますね。舌でさわってみていいですよ』 と言われ、触ってみる。
ゴムの装着期間が1週間足らずだったけど、ちゃんと溝ができてる!
動くもんだねぇ?、感心。

そして先生登場。
軸になる第一大臼歯の歯に金属のリング状のバンドがはめられる。

まずは20種類ほどある型の中から私に合ったものをセレクト。
2種類試したけど、はめ込む時の衝撃がちと痛い。
(バチン、バチンって感じ)
おまけに溝が空いてるもののやっぱり少し狭かったようで、先生苦戦。

結局大きめの方に決まって、接着剤で装着完了

その後、バンドがはめ込まれた第一大臼歯と第二大臼歯(7番)の間に
今度はゴムではなく、金属のセパレーターが入れられたんだけど
これまた苦戦。
左はすんなり入ったものの、右がなかなか入らず。
何度も入れなおしするもんだから、唇が擦れて痛かった。

右上は埋没親知らずが残ってるからそのせいかと思って聞いてみると
『生え方の問題だと思うんだけどね?』 だって。

小臼歯(4番)の抜歯もまだだし、抜いてからの方がいいんじゃないのかな??

ちなみに
第一大臼歯にはめられたバンドには、歯の内側と外側に突起がついます。
それが舌や頬の粘膜にさわって傷つくことがあるということで
衛生士さんが、ゴムでコーティングしてくれた。

金属バンドはパラタルバー装着のためのものだと思うんだけど
今回はまだ左右でつながってない状態で終了。


***


約1時間矯正歯科に滞在後、今度は紹介状を持って一般歯科に移動。
受付を済ませ、ほどなく診察室へ。

この時点でまだどの歯から抜くか決めかねてたんだけど
『下1本抜いて様子をみた方がいいでしょう』 ということで
左下の小臼歯1本抜歯決定。

塗る麻酔をした後、麻酔注射。
麻酔が効くまでの間、歯石と歯の着色をとってもらった(保険適用)

そして、いよいよ抜歯!
担当の女医さんは、緊張しないよう気遣ってか ずっと話かけてくれてた。

『急激に力を入れることはありませんからね?』 とか

『歯と歯肉の間には繊維状の歯根膜があって、その繊維を切るように抜いていきますよ?』 などなど。

でも、ここでもまた微妙に苦戦。

左下は、私の歯並びで最もデコボコしてる箇所。
3番の歯と重なってる部分があって、力がいれにくいのか 掴みにくいのか
途中で乳歯用の器具にチェンジ。

その後は、すんなり抜けました!

抜歯費用は、保険適用外で1本3,000円也。

矯正歯科と一般歯科のハシゴは、口開きっぱなしでアゴが疲れた汗
2008年01月24日 (木) | Edit |
セパレートゴムを上の左右6番(第一大臼歯)につけて、5日目。

今は落ち着いてるけど、着け始めよりも2?3日目の方が痛みが強かった。

抜歯前に焼肉に行こうと旦那と約束してて、2日目に行ったんだけど

いつもよりも全然食べれなかった´д`トホホ

肉の弾力が歯に響いて、長時間噛んでられない汗とか

生キャベツのパリッと感も憎らしい

噛むと他の歯にも響く感じがツライ。

翌日は、白米を食べるのも億劫だった。


また 痛みにも左右で差があって、普段噛み合わない左側の方が食事以外の時も痛い。

右側のゴムは、6番の歯の高さに合ってるのに対して

左はゴムの方が歯よりも出てて、ゴムのポヨンポヨンする感じがなんともイヤ。

そのポヨンポヨンが歯肉を直接刺激するのか、ピーク時はめちゃくちゃ痛くて

自分の指で位置を少しずらしたら、ちょっとラクになった。



装置を着ける前に痛みの洗礼を受けるなんて思ってなかったです

よくよく矯正経験者のブログを検索してみると

ヒドイ人だと固形物が全くダメで、おかゆやヨーグルト生活だったりするらしいから

それに比べれば焼肉食べれただけマシか?

抜歯前のキツキツの歯並びにゴムを入れてるから痛いってのもある気がするなぁ。

 *痛みの参考にコチラ


明日は怖いもの知らずの、矯正歯科と一般歯科(抜歯)のハシゴ。

矯正歯科と抜歯してもらう歯医者はすぐ近くだし、

せっかく仕事で半休とるし、どうせ痛いなら一度にって思ったんだけど

大丈夫か、私。。。汗
2008年01月20日 (日) | Edit |
正式に矯正歯科に治療の申し込みをして来ました。

『抜歯と同時進行でどんどん装置着けて行きますから』 と言われ

早速、装置を着けるスペースを空けるために

上の6番を挟むカタチで青いゴムが取り付けられました。

挟まってる感があって、噛むと響くような鈍痛があるけど

今のところ食べるのに支障はないかな。

でも、煎餅とかナッツ系は辛いかも

スペースが空くと、自然に取れることもあるらしく

その場合はそのままにしておいて、次回いくつ取れたか報告して下さい との事。


三十路の歯、1週間でゴムが取れるほど動くかな?

週末には一般歯科で抜歯の予約も入れたし、やっと矯正モードに突入です。
2008年01月17日 (木) | Edit |
歯はいのち!


笠茂享久著 『歯はいのち!気持ちよく噛めて身体が楽になる整体入門』

歯科医師であり、整体にも通じる笠茂先生が書かれた本です。

歯こそ全身のバランスを調える要である との観点から

噛み合わせと体の関係や、噛むことが体に与える影響等についてわかりやすく説明されてます。


そのメカニズムを簡単に説明すると 絵文字名を入力してください


噛み合わせが悪いと・・・

? 悪い噛み合わせを歯根の周りの神経が感知し、脳に知らせる。

? 情報を受けた脳はアゴを動かす筋肉に噛み合わせをずらすように指示する。

? ずれは次第に大きくなり、口が開きにくくなるなど顎関節症の初期症状が出てくる。
 
  また、アゴの筋肉の緊張が頭や首、肩の筋肉にも伝わり、肩こりなどの症状が出る。

? 筋肉の疲労をカバーして重力とのバランスをとるため、首が傾いたり
  
  肩が上がって骨盤や背骨がねじれたりして、体全体がゆがんでくる。

? 全身がゆがんでくると、神経や血管が圧迫されるため、

  さまざまな不定愁訴が起きるようになる。




皆さん、思い当たることありませんか??

私はあまりにも自分の状況とかぶったもんで、早速整体へ!

そして案の定、私の体は ? の状態だと指摘されました?がっくり
  →左肩が上がって、首が左に傾き、背骨が右に湾曲。骨盤右上がり。


この記事を読んで、なんて影響されやすいヤツだ!と思われるでしょう。

今ある不調が全て噛み合わせだけが原因だとは思ってませんが、

整体に行っても効果が長続きしなかったことや

顔を出したばかりの親知らずを抜いた時、1ヶ月近く説明しがたい体調不良に襲われたこと、

そして、ここ数年にわたる何ともスッキリしない体調を実感してる私としては

本を読んで納得させられたことが多かったし、

噛み合わせを改善しようと矯正を始める自分を後押ししてもらった気がしました。


本には自分で出来るゆがみ改善の方法も書いてあって、そちらもちょこちょこ実践中。

ゆがみは生活習慣によるところも大きいので、その辺も見直しつつ

矯正と合わせて、少しでもよい方向にもっていけるよう頑張るぞ?ムキッ
2008年01月14日 (月) | Edit |
矯正の動機の記事の後に、いきなり検査結果

ここに至るまでにいろいろあったんだけど、それは改めてUPしますね(^_^;)


 **************


私の場合 一番問題なのが

歯の中心が上下で合わず、噛み合わせが左にズレてること。


一般的に左右のズレが大きいと、アゴ自体が左右非対称で成長している場合が多いそうで

私もご他聞にもれず左右非対称だと判明。

その場合、アゴを人工的に骨折させて左右の長さを調節する外科手術を伴う矯正

(外科矯正)になることがあるんだけど

私の非対称は外科手術をしなきゃならないほどひどくないということで

通常の矯正での治療計画が出されました♪


外科矯正は保険が適用になるけど、手術するのに2週間前後入院しなきゃならないし

術後の顔の腫れが引くのに時間がかかったり、痺れ等の後遺症が残ることもあるそうで

外科矯正しなくても治療できることになって、とりあえずひと安心。


でも、通常の矯正としては難しい方だということで

治療期間 3年半、 保定期間 2年 の治療予定。

(相談の時点では2年半だったのに、延びた


アゴに対して歯のボリュームが大きいので抜歯も必要で

上下左右の4番を抜歯予定。

また、2本埋没して残ってる親知らずも将来的に後戻りの原因になる可能性があるので

当面は親知らずが横の歯を押す力を治療にいかして

概ねそろった時点で抜歯するかも。


今回は結果を聞いただけで、治療承諾書のサインはせずに持ち帰りました。
2008年01月10日 (木) | Edit |
歯列矯正というと、歯並びをキレイにする イメージですよね?

私の歯の現状はと言うと、

口のスペースと歯のボリュームが合っていないため、デコボコしています。

特に左下の前1?3番の並びがひどく、歯が前後してはえてます。

でも

よほど大きな口をあけない限り下の歯は見えないし、

上の歯はとりあえず一列に並びきっているので、ぱっと見、歯並びが悪いように見えないと思います。

それに極端な出っ歯でも、受け口でもないので

自分では、その一部を除けば歯並びは悪い方ではないと思ってました。




では、そんな私がなぜ矯正を決意したのか。




それは 

噛み合わせが悪い という機能面が理由です。



というのも,

私の歯は 奥歯でかみ合わせた時、上下の中心が合わず

下アゴが左に歯1本分ほどずれるんです。

噛む位置が一定じゃなく、スライドする感じ。


そのせいか顔も左にゆがみ気味で、

人に指摘されたことはないけど、密かに気にしてました。

しかも、そのずれは年々ひどくなってる気がして

食べ物を噛んでる時に口の中も噛んでしまって内出血したり

口が開きにくかったりといった小さなトラブルが増えたように思います。



以前に整体で顔と頭蓋骨の矯正に通ったこともあったけど

治しても次の時には元に戻ってしまう有り様で、

その時に噛み合わせを治すしかないんだと悟りました


でも、当時付き合っていた彼(現・旦那)と遠距離恋愛してて

近い将来 結婚・引越し を視野に入れていたので

長期治療 かつ 転院困難な歯列矯正をすることが出来ずにいました。

貯金を使いたくなかったのもあるけど笑



それが今、

結婚・引越しが済んで、環境が整ったのと

口腔内の状態に対する不安が大きくなってきたこともあって

遅ればせながら やっと歯列矯正を決行するに至った訳です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。